生命保険見直しガイド!無料相談比較ランキング【2ch口コミ嘘?】

定期保険・終身保険・養老保険の違いとは?【生命保険見直し】

定期保険、終身保険、養老保険の違いとは??

基本的な質問ですみません、、
定期保険と終身保険と、養老保険、違いはどこなんでしょうか?
生命保険の種類だというのはわかるんですけど、どこがどう違うのかがさっぱりわかりません。今は定期保険になんですけど、やっぱり終身にしたほうがよかったんでしょうか?

なばなさん 女性

はい!簡単に違いを説明してみますね。

なばなさん、こんにちは!
質問ありがとうございます。

定期保険・終身保険・養老保険・・この3つとも、なばなさんがおっしゃるとおり、死亡時に保障が出るいわゆる『生命保険』の形になります。

それぞれの種類ごとに保障内容や保証期間に大きな違いがあり、それぞれの性質や特徴を分かった上で加入するのが正しいのですが、意外とこの3つについての違いを知らない人が多いのですね。

ちなみに私もその一人で自分が入っている保険についての知識も何もないままにただただお金だけを支払っている状態が8年間も続いていました。

多分私のような方、少なくないと思います。

この3つの保険の種類を知っているのと知らないのでは結果的にも大きな違いが出てきてしまうので将来的に損をしないためにもキチンと把握しておきましょう。

★定期保険

別名”掛け捨て保険”とも呼ばれる、

「あらかじめ設定した保証期間において死亡した場合にのみ保険金が支払われる」

というタイプの保険。満期になった場合の「満期金」は無く、続けて保証を受けるためには更新を繰り返す必要があり支払いにおいてのリスクは高い。

但し若い間の保険料は安価であるため「万が一を想定しての高額な保障を付けたい」方にはお勧めの保険です。

★終身保険

保険期間を定めず

「一生涯に渡って死亡保障が受けられる」

タイプの生命保険。途中解約した場合には解約金も受け取ることが出来る。

積立としての働きも担うため一般的に保険料は割高。(*保険料の支払いを60歳、65歳と払い込む形にしておくことで、その後に解約した場合は保険料として支払った総額よりも多くの解約金を受け取ることが出来る。)

★養老保険

60歳・65歳など満期を決めるタイプの生命保険。

保険期間内に死亡した場合の死亡保障はもちろんのこと、無事満期を迎えた場合には「満期返戻金」として支払った保険金額と同額を受け取ることができる。

貯蓄性の意味合いが強い生命保険になるので保険料は割高になる。

ざっくりと説明してみましたがいかがだったでしょうか。

詳しい事や、自分には何があっているか、どこの保険会社の商品が向いているかも保険の相談窓口では一緒に考えてもらえますよ!

サイト管理人「生保クイーン」より
 

2018年のおすすめはほけんの窓口!

窓口

【来店型保険ショップ店舗数No.1】
全国に630以上の店舗を展開するほけんの窓口はあなたにピッタリの保険を専門家が無料でアドバイスしてくれます。来店型保険ショップでは店舗数No.1だから最寄のお店もすぐに見つかり気軽にほけんの相談や見直しをすることができます。

  1. 何度でも相談無料
  2. 約35社の保険商品から納得の保険選びが可能
  3. 無理な契約・勧誘は一切なし
  4. 相談・申込み・加入後まで全力サポート
と全てがそろっているので保険選びがはじめてという方も、現在の保険に満足できて無い方も安心して相談することができます。

やじるし
公式ボタン
  shikiri
生命保険見直しガイド!無料相談比較ランキング【2ch口コミ嘘?】 > 保険相談Q&A > 定期保険・終身保険・養老保険の違いとは?【生命保険見直し】

関連記事

  1. がん保険って必要?生命保険見直し【医療保険でもいいのでは?】
  2. 県民共済と普通の生命保険の違いとは?【どっちがいいの?】
  3. FPの交通費・お茶代は私が負担するの?【訪問型ファミレス保険相談】
  4. ほけんの窓口相談に持っていくものは?個人情報心配【保険証書必要?】
  5. 保険無料相談何度も受けてもOK?比較したい!【掛け持ちも?】
  6. 保険料は月にどのくらい払う?金額より内容!【注意点とは?】
  7. 保険無料相談窓口に行ってよかったことは?【私の体験後の口コミ】
  8. 60歳払い込み型と終身型はどちらにすべき?【医療保険の悩み解決!】
  9. がん保険に先進医療特約をつけるべき?生命保険の悩み【必要ない?】
  10. FPは保険以外の相談もOK?株式・外貨預金【資産運用も聞きたい!】

トラックバックURL

http://www.seimeihoken-minaoshi-guide.com/faq/hoken-syurui.html/trackback/